バイアグラのジェネリックとは

バイアグラのジェネリック医薬品には国内製と海外製があります。
海外製は主にインドの製薬会社が製造・販売しているものです。日本国内では未承認ですが、個人輸入はできます。
未承認の医薬品の個人輸入は合法です。バイアグラには有効成分としてシルデナフィルが含まれています。
シルデナフィルには即効性があり、空腹時に服用すると約30分で効果が現れます。
ジェネリック医薬品にもバイアグラと同様にシルデナフィルが含まれています。
日本国内では2014年にシルデナフィルの特許期間が満了したため、ジェネリック医薬品が製造されるようになりました。
バイアグラには25mgと50mg、100mgの錠剤が存在します。
100mgは日本国内で承認されていませんが、海外では流通しており個人輸入することが可能です。
病院でバイアグラの処方を受ける場合の1錠あたりの価格は、25mgが約1300円で50mgは約1500円とされます。
国内製のジェネリック医薬品は50mgの錠剤で、1錠あたりの価格は約1000円です。
海外製のジェネリック医薬品は、主にインドの製薬会社によって製造・販売されています。
インドでは製法特許のみが認められ、成分特許は認められていません。
製法を変更することで、同一の成分を含むジェネリック医薬品を製造できます。
インド製のジェネリック医薬品は開発や製造にコストがかかっていないため安価です。
またインド政府の許可のもとでジェネリック医薬品が製造・販売されており、安全性も優れています。
インド製のジェネリック医薬品には、シルデナフィルの含有量が50mgのものと100mgのものがあります。
いずれも1錠あたり約450円で購入可能です。海外から50mgや100mgのバイアグラを個人輸入することもできます。
インターネット上には個人輸入の手続を代行する通販サイトが多数存在します。
通販サイトを利用すれば、誰でも簡単に医薬品の個人輸入ができます。
海外から未承認の医薬品を輸入・販売することは法律で禁止されていますが、個人輸入手続の代行は合法とされます。
海外からバイアグラを個人輸入する場合の価格は50mgが1錠あたり約1350円で、100mgは約1450円です。
インド製のジェネリック医薬品を個人輸入した方が、ED治療のコストを大きく削減できます。
ジェネリック医薬品にはバイアグラと同じ有効成分のシルデナフィルが含まれており、効果や副作用なども同様です。
シルデナフィルの副作用にはめまいや頭痛、ほてり、鼻づまり、消化不良などがありますが、症状は基本的に軽いため安全にEDを治療できます。

バイアグラジェネリックの入手方法は?

バイアグラやジェネリック医薬品に含まれる有効成分のシルデナフィルは、血管を拡張して血流を促進する効果があります。
血管の拡張は血圧低下の原因となり、副作用としてめまいを生じる可能性が存在します。
また血流の促進は頭部や鼻の粘膜、消化管を充血させます。
頭部や鼻の粘膜、消化管の充血は頭痛やほてり、鼻づまり、消化不良などの原因となります。
シルデナフィルの副作用は服用した患者の9割以上に現れますが、症状は基本的に軽いので問題はありません。
バイアグラは即効性があり、空腹時に服用すれば約30分で効果が現れます。効果の持続時間は用量に関わらず約5時間です。
服用後約1時間で効果が最大になるので、性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用します。
少量のアルコールで服用すると気分がリラックスできるので効果的ですが、過度の飲酒は酩酊状態を招いて性行為を困難にするので注意が必要です。
バイアグラとジェネリック医薬品は、短時間で強力にペニスを勃起させることから世界的に人気がありますが偽物も多数流通しています。
シルデナフィルを含むED治療薬の偽物は、主に中国などで製造されたものです。
本物は水に入れると約2分ほどで溶け始めますが、偽物は10分を過ぎても溶けないので見分けることができます。
偽物は外見だけで見分けることができない場合があります。
極端に安い価格で販売されている場合など、偽物の可能性があるので注意が必要です。
バイアグラのジェネリック医薬品には国内製と海外製が存在します。国内製は病院で処方を受けることができます。
海外製は日本国内で未承認なので、個人輸入する必要があります。
通販サイトを利用すれば海外の医薬品を簡単に個人輸入できますが、バイアグラのように人気のある医薬品は偽物も多数流通しています。
他の利用者の評価やサイトの表記、価格などを参考にして信頼できる通販サイトを選択することが重要です。

関連記事