バイアグラを女性が使ったら効果は現れる?

男性というのは見た目以上にデリケートなもので、ちょっとしたことでセックスに対して自分の思うようにいかなくなります。
例えば毎日の仕事が忙しすぎたり、ストレスによって仕事が終わってからも仕事のことで頭がいっぱいになると目の前のセックスに集中できませんし、加齢によっても性欲が減退します。
そんな時、一時的に性欲を高めてくれる薬として最も有名なのがバイアグラです。
バイアグラは全身の血行を良くする効果があります。
血行が良くなると男性器の海綿体にたくさんの血液が流れるため勃起力が高まります。
また、性的興奮を促進させる効果も持っているため、セックスに対する意欲が湧いてきます。
このように、バイアグラは男性が使うものだというのが世間一般の認識です。
では、女性がバイアグラを飲めば男性と同じような効果を得ることが出来るのでしょうか。
女性がバイアグラを服用すると、男性と同じように血管が拡張され、全身の血行がとてもよくなります。
男性の場合は特に男性器周辺の血液量が増えることで効果を実感できるのですが、女性も同じように女性器の周辺にたくさん血液が流れます。
すると女性器自体の感度が上がるため、同じような愛撫をされてもバイアグラを服用することによって普段よりも強い快感を得ることが出来るようになります。
感度が高まると膣内が濡れやすくなるので、挿入がスムーズにおこなわれるようになります。
女性の感度が上昇するため、特に普通にセックスをしてもなかなか快感を得られない不感症の女性にとってバイアグラはとても効果的な薬になっています。
バイアグラが女性に及ぼす影響は医学的に実験をしているわけではないので効果が立証されているわけではありませんが、非公式には様々な臨床実験が行われていて、いずれの臨床実験においても一定の効果を上げています。
バイアグラは男性だけではなく、女性が服用することでも確かな効果を発揮する薬といえるでしょう。

女性用のバイアグラが存在している

とはいえ、あくまでも男性用に開発されているものですから、女性が積極的に服用するものではありません。
男性用のものを女性が継続して服用した場合は思わぬ副作用が出ることもあります。
もしも不感症の症状で悩まされているのであれば、男性用のバイアグラではなく、女性用のバイアグラを服用するようにしましょう。
あまり世間的には知られていませんが、現在は女性が服用することを前提として開発されている女性用バイアグラが存在しています。
最も有名な女性用バイアグラとしてはラブグラがあります。
そのほかにウーメラという名前の薬も見受けますが、ウーメラはラブグラのジェネリック医薬品なので、服用して得られる効果はラブグラもウーメラも全く同じです。
不感症の症状に悩んでいる女性は男性用のではなく、女性用のバイアグラを購入して飲むようにしましょう。
ただし女性用バイアグラは国内での販売が認められていないので輸入代行業者から購入することになります。
より効果を実感するためには正しい飲み方を覚えておきましょう。
女性用バイアグラは錠剤なので、飲み方としては普通の薬と同様に水かお湯で服用してください。
服用してからだいたい1時間くらいで効果があらわれるので、セックスをする少し前くらいに飲むと確実に効果を得ることが出来ます。
女性用バイアグラも男性用と同様に血流を良くする効果があり、それによって感度が高まります。
一度服用すると4時間から5時間ほど効果が持続します。服用の際には副作用について理解しておきましょう。
服用する際に良く起こる副作用としては頭痛やめまいなどがあげられます。
これらはバイアグラの服用で血管が広がり、血圧が低下したことによって引き起こされます。
安静にしていればしばらくすると症状がおさまることが多いです。

関連記事